【感想記】アイドルタイムプリパラ 第48話「らぁらに届け、 カムバックライブ!」

荒野の八人。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

パックの中に閉じ込められたらぁらを救うべくパラ宿のアイドルたちがやってきた。パックは時間の流れが止まっている状態ということらしく、元に戻すためにはライブの力でアイドルタイムを流し込まなければならない。多くのアイドルたちが熱のこもったライブを見せるが、肝心のゆいは自信を喪失しかけているのだった。

アイドル大集合

らぁらのピンチをどこで聞きつけたのか知らないが、パラ宿のアイドルたちが荒野を越えてやってきた。おそらく何かのパロディなのだと思われるが詳細は不明。「やっぱり力じゃん」の精神で強引にパックの肉壁をこじ開けようとするがビクトもしない。シリアスな状況で俄然ばからしくなるこの感じがたまらない。

救うためには(案の定)ライブの力が必要だということで、全員が我が先にとステージに向かう。ノンシュガー・みれぃ・そふぃに加えてトリコロールまで登場し、圧巻のライブを見せつける。久しく見れていないレアならライブに観客は大興奮。俺も大興奮。

ライブの途中には各人のらぁらにまつわる回想が含まれるなど感動的な感じに。のん・みれぃ・そふぃ・ファルルは特に付き合いが長いわけなので見ていて響くものがあった。終盤に入ってからこういった展開が多く、どうしても涙腺が緩くなってしまう。

救いの女神

奮闘するパラ宿アイドルとは対象的に、ゆいは一連の原因を作ってしまったことに負い目を感じていた。とはいえミーチルとにのの叱咤激励のおかげですぐに元通りに。チームって素晴らしい。

Before
After

渾身のライブを見せるマイドリだったが、パックの最後の抵抗にあって時間が進むどころか巻き戻されてしまう。絶望感が漂うが、そのとき上空にジャニスとジュリーが到来。この窮地でこれほど頼もしい存在もない。特にジュリーは生身で動く姿はもう見れないかと思っていたので嬉しい限りだ。

次回「誕生しちゃうぜ! 神アイドル!?」

予告を見る限りでは、パックを救うには神アイドルの力が必要になるという展開らしい。誰かが本当に神アイドルになるのだろうか。なるとすれば誰なのだろうか。マイドリやノンシュガーは時期尚早な気がするし、しっくりくるのはドレパだろうか。個人的には緊急時とはいえ簡単に神アイドルを生み出してしまうのは抵抗があるが果たして。

【本日のカオス】

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)