【感想記】アイドルタイムプリパラ 第42話「ディア・マイ・トモダチ!」

「失敗の失敗は成功なのだ」 by ガァルル

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

すれ違いによって仲違いしてしまったガァララとしゅうか。しゅうかは平然を装っているが明らかに落ちこんでおり、ガァララも怒らせてしまった理由が理解できずに困り果てる。心配したゆい達が仲直りさせようと作戦を立てるが例によって失敗に終わってしまう。そんなとき、悩める妹を救うべくセインツ・みあがライブステージへと向かうのだった。

ガァルルのありがたいお言葉

互いを理解できずにケンカ別れとなってしまったガァララと華園しゅうか。しゅうかはいつもどおりに振る舞おうとはしているが、その落胆は隠しきれずに凄い顔になっている。一方でガァララとしては理由もわからずに初めての友達を失ったわけで、その悲しみにくれていた。

仲直りのきっかけを作ったのはプリパラ内では珍しく常識人であるガァルルだった。ガァルルはしゅうかが怒った理由を冷静に分析し、「友達は仲直りをしないとダメ」とガァララにアドバイスする。かつて同じような境遇だったガァルルだからこそ共感することができたのだろうし、それだけに言葉のひとつひとつには重みがある。

立ち上がるお姉ちゃん

また今まで無能感が尋常じゃなかったセインツ・みあがようやく本領発揮。妹の背中を押すためにライブを決行する。アイドルタイムは足りていなかったものの、ご都合主義でゴリ押しした。

曲は『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』にてOP曲・挿入歌だった「Dear My Future ~未来の自分へ~」。振り付けも当時と同じものになっており、完全リメイクと言っていいだろう。プリリズ時代からの視聴者は歓喜に震えているかもしれない。

あれだけ荒ぶっていた人間がライブではまともになるというギャップが良いね。

初めてのプリチケ交換

みあのライブはしゅうかを素直な気持ちにさせ、ガァララに仲直りするための勇気を与えた。ふたりとも互いが大切な存在というのはわかっていたのだろうし、必要なのは少しのきっかけだったのだろう。「トモチケをパキるのが夢だった」と言うガァララは本当に幸せそうだった。あの悲惨な過去を知っているだけに泣ける。

また今回の一件でしゅうかが協力的になったことも大きい。友だちであるガァララに夢を奪うという酷いことをさせないためにはシステムを変更するしか方法はない。ゆい達はファララを目覚めさせるため、しゅうかはガァララを守るためだが、結果的に目指す方向は同じとなった。大きな進展と言えるだろう。

次回「燃えよにの」

一見落着となったが、独占欲の強いパックの行動に不穏さを感じる。次回予告に怖い場面があるが何が起きたのだろうか。

【本日のカオス】

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)