【感想記】アイドルタイムプリパラ 第29話「グランプリ大決戦!」

地獄の沙汰も金次第。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

第三回アイドルタイムグランプリが開幕を迎えた。それぞれのアイドルたちはレッスンに励む。なかでも華園しゅうかは特別講師として絶対音感の持ち主である地獄ミミ子を招聘するなど、その完璧を目指す姿勢には鬼気迫るものがあった。勝者は誰か。

第三回グランプリ開幕

なんだかんだで無事に第三回のグランプリ開幕を迎えた。ゆい、にのの二人はチーム結成のためにも絶対に勝利したいところだが、身も蓋もないことを言ってしまえば過去に優勝経験がある人間が今回の勝者となるのはあり得ないだろう。つまりミーチルか華園しゅうかにほぼ絞られたことになる。順番的にはミーチルの優勝になりそうではあるが、アニメ内の下馬評としては華園しゅうかが有利と言ったところだろうか。

とはいえ勝ちたい気持ちは誰しもが同じ。そういうわけで各人が効果があるのか無いのかよくわからないレッスンに励む。恒例の光景である。しかしそのなかでも華園しゅうかは毛色が少し異なる。地下に防音施設を作り、さらにミミ子をレッスン講師として呼ぶなどガチである。さらには自らの歌声に1ヘルツの音程のズレも許さないなど、その完璧を追求する姿勢にはミミ子を圧倒させるほど。溢れ出る自信はこういった修練を日頃から積んでいるという理由もあるのだろう。ただこういった完璧を追求しすぎる姿勢は、過去の南みれぃのような危うさを感じてしまう。

グランプリの結果は華園しゅうかの圧勝となった。この結果がゆい達にどのような影響を与えるかが気になるところだ。特にミーチルがこの結果を受けて華園しゅうかの評価を高めたのか、彼女に圧倒されたのかにより展開が大きく変わっていきそう。前者ならチーム結成は遠のいただろうし、後者なら近づいたことになる。

次回「ガァララとパックが夢パックン!」

次回は毎年恒例のハロウィン回。いよいよガァララとの絡みが起こりそうである。個人的に気になるのは蘭たんが登場してくれるかどうか。無理そう。

【本日のカオス】

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)