【感想記】アイドルタイムプリパラ 第25話「ユメユメ!タイムスリップ」

夢川ゆい vs 夢喰い。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

「見たい夢の絵を描いて枕の下に敷いて寝るとその夢が見られる」というおまじないを信じてせっせと絵を描くゆいとらぁら。しかし絵を描く途中で疲れて居眠りしてしまう。夢のなかで二人が行き着いた場所はプリパラタウンにある時計塔だった。そこで再会したファララからパパラ宿のプリパラの謎を知らされる。

明かされるファララの謎

パパラ宿のプリパラの謎が断片的ではあるが明らかになった。まずファララの正体はかつてのパパラ宿に存在した古代プリパラのボーカルドールということらしい。そこはアイドルたちの夢の力によって繁栄している場所だったのだが、もうひとりのボーカルドールである「ガァララ」と夢を食べるマスコット「パック」によってアイドルたちの夢は食い尽くされ、それに伴って古代プリパラもいつしか消滅してしまったということだった。

しかし転機が訪れた。それこそが夢川ゆいと真中らぁらの存在である。ゆいの夢の量は無尽蔵なのでパックでも食べきることができない。つまり天敵なのである。それに神アイドルであるらぁらの力が加わったことでパパラ宿のプリパラは活気を取り戻し、結果的に古代プリパラも完全とは言えないが復活することができたらしい。現状では「古代プリパラ」が実存したものなのか概念世界のものなのか、いまいち不明。

ファララはアイドルがライブを行っているときだけ動くことができ、それを続けていくうちに古代プリパラも救われる、ということらしい。そしてゆいに「チームを作ってライブをして」と告げてお別れとなった。いよいよ次回から新チーム結成の流れに入っていくのかもしれない。

現状でまだ完全に明かされていないのは

  • ファララとガァララの関係性
  • なぜガァララはファララを妨害するのか
  • 古代プリパラはどういった場所なのか

といった点だろうか。べつにそういった細かいところを楽しむアニメではないから明確にされなくてもいいけどね。とりあえず25話はファララの存在についてわずかながら明らかになったことと、チーム結成という待望の展開がほのめかされたことで期待が高まる回だった。広げた風呂敷をたたむ頃合いなのかもしれない。

次回「がんばれみちる!!」

次回はあろまの手下となったみちるが謀反を起こすという回。これもまたチーム結成への布石なのだろうか。がんばれみちる。

【本日のカオス】

4


2件のコメント

  1. 今回はゆいのアイドルとしての力や今後の展開を期待させるとても良い回に感じました。でもまだまだプリパリ編で登場したしゅうかの立ち位置とか不確定要素もあって、ホント見逃せないですねぇ〜。

    1. しゅうかがどう関わってくるかは確かに気になりますね。夢を見ることを否定していたあたりガァララ陣営と相性がよさそうなので、両者が手を組むという展開もあるような無いような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)