【感想記】アイドルタイムプリパラ 第24話「勝負っす!シオン先輩!」

良い草になった。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

空き地で遊ぶ子供を見かけたゆいとらぁら。そこでは女子プリ派と男プリ派に分かれて喧嘩になっているのだった。見かねたゆい達は仲直りのために策を講じるが逆効果となってしまう。そこに現れたのは修行中のはずの東堂シオン。助け舟を出してくれるかと思いきや、「空き地から出ていけ」と言われてしまう。

代理柔道戦争

買い出しの帰り道、ゆいとらぁらは『チクタク・Magicaる・アイドルタイム! 』のライブごっこをする女の子を見かける。ゼロからスタートしたゆいの知名度がここまで上がっているのを見ると感慨深いものがある。しかしこの空き地では男の子と女の子がそれぞれの趣味の違いによって喧嘩しているのだった。

この空き地の所有者は子どもたちに仲良く使ってほしいと思っていたが、それとは程遠い現状を見かねて空き地を使用禁止にしようと考えていた。ゆい達もキチガイ紙芝居を駆使して仲直りを模索するものの、ゆいのお米大使としてのプライドが暴走してしまい失敗に終わってしまう。

その後もなんやかんやあり、所有者側に立ったシオンと子供側に立ったにのが柔道対決をすることになった。ソフトボールに続いてここでも圧倒的な身体能力によってにのを圧倒するシオンだったが、その奮闘ぶりを見て子どもたちが結束しだす。最終的にはせんべいをパキって仲直りした。いいのかそれで。

囲碁も野球も目指すは「アタリ」

先週の予告でもほのめかされていた通り、にのとシオンのペアライブが実現となった。曲名は『快打洗心♥️カッキンBUDDY』。

やはりシオンは良い声をしている。またシオンの声と比較するとにのの声が非常に可愛らしく感じた。こうなると次はミーチルと誰かのペアライブを期待してしまう。

次回『ユメユメ!タイムスリップ』

次回はゆいとらぁらの夢がドッキングするというファンタジーなお話。アイドルタイムシステムの象徴である時計塔の謎が解き明かされるらしい。本格的に新章に突入しそうだ。

【本日のカオス】

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)