【感想記】アイドルタイムプリパラ 第23話「地獄アイドル始めちゃいました!?」

きのどくな。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

地獄ミミ子がパパラ宿に帰ってきた。地獄めぐり(自分探し)の旅に出たことで毒気は完全に抜けきった様子。彼女は過去の過ちを全校生徒の前で謝罪し、そしてアイドルになる夢を叶えることを表明する。そして周囲の協力もあってミミ子はプリパラの舞台に立つのだった。

地獄の釜の蓋が開く

第16話で姿を消したミミ子が帰ってきた。ミミ子がアイドルの夢を断ったのは同級生の心無いひと言が原因だったわけだが、その彼女たちと旅先で偶然にも再会する。そこで無事に和解することとなり、再びアイドルになる夢を燃やして戻ってきたということらしい。それにしても彼女たちも視覚や聴覚が以上に発達しているが、ミミ子のいた学校とはいったい。

帰ってきたミミ子は表情が豊かになっているように感じた。赤面して照れたり泣いたり笑ったりと、以前の彼女にはない姿が見て取れた。またひさしぶりにちあこのスタイリスト設定が帰ってきてイメチェンを成功させる。初登場時の禍々しいご尊顔が懐かしくなる。

Before(第3話より)
After

あろまがコーデを作ったり、にのが体力作りに付き合ったりと、周囲の協力もあっていよいよプリパラの舞台にたつミミ子。最初こそド緊張していたがやはり才能はあるのだろう、地獄アイドルとしてのライブを存分に見せてくれた。こういった和風テイストのライブはあまりないので、いつかはCGでのライブがみたいところ。

長年の想いが溢れたのだろう。ライブの後、ミミ子はババリア校長に感謝の気持ちを述べて号泣。ババリア校長も号泣。そして俺も号泣。

ミミ子の帰還がこんなに良い回になるとは想像もしていなかった。キャラも化けたところだし、今後も要所要所で登場してほしいところ。さっきも言ったようにライブも早く見たい。

次回「勝負っす!シオン先輩!」

またシオンが帰ってきた。もうパラ宿に常駐してればいいのに……。提供帯に「ペアライブ」の文字があるので、シオンとにののデュエット実現となるか。

【本日のカオス】

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)