【感想記】アイドルタイムプリパラ 第22話「プール de プランス 大レース!」

水着回。それはアニメの華。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

地方巡業を終えたごほうびとして、らぁら達はプリパリへ行くことになった。ここでもアイドルタイムシステムを導入して貰おうと依頼するが、現在のプリパリはひびきの管理下におかれており突っぱねられてしまう。その後、ふわりとファルルの説得により承諾するかのように見えたひびきだったが、条件として掲示したのはプリパリ夏の一大イベント「プール de プランス」で優勝することだった。

水着回と新キャラと

今回の舞台はプリパリ。前回までの地方巡業との温度差が凄まじい。またプリパリは映画版の舞台になっていたが、アニメ内で訪れるのは地味に初めてかもしれない。プリパリは夏はプールになっており、そこで「プール de プランス」と呼ばれるレースを行うのが今回のお話。ちなみに水着回となっているヒャッホウ。

ただ水着もほとばしるほどに嬉しいが、個人的には「トリコロール」の登場のほうが嬉しかったりする。ふわりはかなり好きなキャラだし、ファルルは見ているだけで癒されるし、ひびきは回を重ねるごとにアホっぽくなってきていて笑える。もっと登場してほしいところだ。

また今回は公式サイトにて先行紹介されていた「華園しゅうか(CV:朝日奈丸佳)」が登場した。セレブを鼻にかけているところはあるが悪い子ではないように感じた。これからどのように本編に関わってくるかが楽しみである。

また彼女は伝説の神アイドル・セインツのメンバー「みあ」の妹であるらしい。シオンが追っている人物もおそらく彼女だろう。ちなみに自分はプリリズは未視聴なのでそこらへんのキャラを出されるとお手上げである。

圧巻のライブ

当然ながらトリコロールのライブとなったが曲は『Mon chouchou』かと思いきや、劇場版より『NEO DIMENSION GO!!』が選ばれた。

トリコロールのライブを見るたびに思うが、ひとりひとりのスペックが高すぎて反則だと感じてしまう。それだけにもっとたくさんの楽曲が見たい聞きたいものである。

次回『地獄アイドル始めちゃいました!?』

ヤツが帰ってくる。

【本日のカオス】

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)