【感想記】アイドルタイムプリパラ 第2話「ここ掘れ、アイドル」

アイドルタイムプリパラ 感想記事まとめ

タイトルの「ここ掘れ」というのが比喩や誇張といった類の話ではなく、本当に地下を掘り進んでいくのがプリパラの凄いところである。

華々しいアイドルデビューを飾った「ゆい」だったが、風紀を乱すという理由で校長に目をつけられてしまう。パプリカ学園の悪夢再来である。さらにゆいは授業中にユメっていた罰として、裏庭の草むしりを命じられてプリパラへ行けなくなってしまう。一方「らぁら」はダンプリへと続く秘密の地下トンネルが存在することを知る。「ここからプリズムストーンの方角へ掘っていけば、バレずにプリパラへ行けそう……!」。果たして真中らぁら(小学6年生)は地獄の地下労働に奮闘することとなる。

もちろん途中から草むしりを終えたゆいや、その友人である「すず」と「はな」も参戦することになるのだが、その様子はどう見ても女児向けアイドルアニメの様相を呈していない。

ただ自分はまさにこういったカオスな展開を求めているわけなので、第2話はとにかく楽しませてもらった。馬鹿らしいことこの上ない展開の連続ではあるが、ゆい達が増援に駆けつけてくれたり、ヒツジ5人衆が協力してくれたときなどは、その熱さに不覚にも胸が震えてしまった。キチガイなのか王道なのかよくわからないアニメである。それがいい。

また今回は待望の南みれぃ風紀委員長兼生徒会長がご登場なされた。いつかは登場すると思っていたが、まさか第2話でさっそく現れるとは思いもしなかった。委員長は関西にあるプリパラ海ピュー館に派遣されているらしく、経過はすこぶる順調とのこと。

南委員長と言えば付きまとっていた変態青髪メガネが迂闊にも思い出されてしまうが、今頃は何をしているのだろうか。委員長代理として職務を全うしながら悶々とした日々を送っていてほしいが、あいつのことだからノコノコと追跡していそうではある。

今週のライブは洞窟掘りの功績が認められ、らぁらのソロライブとなった。相変わらずプリパラ内では小学生モードのままだが、ライブではアイドルの姿に戻れるらしい。基準がよくわからん。曲は始まりを司る曲、「Make it!」。視聴中にも違和感を感じていたが、どうやらリメイクされたバージョンらしい。確かに名を新たにして始まったのに、使い回しばかりでは興が冷める。グッジョブと言わざるを得ない。

サイリウムの光彩のなかで笑い歌い踊るらぁらの姿は、まさに神アイドルだった。

【本日のカオス】

2


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)