【感想記】アイドルタイムプリパラ 第18話「グランプリ! 勝利へのエスコート」

にの草ふたたび。

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

第二回アイドルタイムグランプリの当日を迎えて活気づくプリパラタウン。ゆいとらぁらは苦しい下積みの時代を思い出しつつ感慨にふけるのであった。一方でにのは前回の雪辱を果たすべく、ミーチルはプー大陸を浮上させるべく闘志を燃やす。栄光を手にするのは誰になるのだろうか。

第二回アイドルタイムグランプリ開催

意外と早く第二回が開催となったグランプリ。とはいうものの新たなアイドルはミーチルのみなので顔ぶれはほとんど変わらない。パラ宿のように数チームが参加する規模となる日は来るのだろうか。ライブの順番は最初がミーチル、二番手がゆい、ラストがにのとなった。ということは……。

ミーチルはプー大陸を浮上させるなどという供述を叫びながらステージに立つ。あいかわらず艶々のライブである。台詞の部分が少し修正されていたように感じた。

ゆいはこうして第二回のグランプリを開催できただけでも十分と考えており、むき出しの闘志のようなものは無い。アイドル活動はゆいにとっては楽しむものなのだろう。

それとは対象的に燃えているのがにのである。前回はグランプリと知らないまま出場となり悔しい思いをした。第二回にかける情熱は随一と言える。

(※全ライブ)

勝利にかける思いが実ったのか、優勝したのはにの。知ってた。

プリパラタウン完成。そして……

今回のグランプリによって一気にプリパラタウンの発展が進んだ。ミーチルによって新しい店が、ゆいによってインフラが、そしてにのによって完成となった。少しずつ発展するものかと思っていたので若干拍子抜け。

グランプリは大成功に終わったわけだが、そんなゆい達を待っていたのはめが姉ぇによる非情な追放宣告であった。あいかわらず血も涙もないプリパラ運営陣。実際には全国にパパラ宿宣伝の旅に出るということらしい。

「出ていってもらいまーす」

また公式サイトにてビジュアルが公開されていた「ガァララ」が本編に初登場した。ファララが眠っている原因は彼女にあるらしいがどのように関わってくるのだろうか。気になるところが多すぎる。

次回「旅立てアイドル! レッツ・イゴー!」

主要キャラ三人が登場してから初めてのグランプリも終わり一段落というところで全国行脚という展開は面白くなりそうである。次回の舞台であるペン台のプリパラは内部抗争が起こっているらしい。

そしてタイトルからわかるとおり囲碁の人が登場。なんだかんだで頻繁に出ているからもう驚きとかはない。

【本日のカオス】

0