愛せよ空腹

空腹というものが最近はあまり嫌いではない。もちろん空腹感というのはそんなに気持ちのよいものではないが、そういう状態は内蔵を休めるという点では非常に望ましいらしい。

自分は酒をとにかく飲むし、食事もがんがん食べる。そんな生活を送っていると、胃や肝臓の疲れをふと自覚することがある。べつに体に異常をきたしているわけではない。ただ臓器を痛めつけることに対して罪悪感のようなものが芽生えてくるわけである。

腹をすかせながらベッドで横たわっている状態は一見すると無益な時間だが、その間に疲労した臓器が少しでも癒やされていると考えると、今の自分にとってこの時間こそが最も大切なように思えてくるのである。

4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)