FA市場あれこれ

FA選手をめぐる球界の動きは楽しみにしていたのだが、権利を持った選手が続々と残留を決めていて拍子抜けしている。毎年こんな感じなような気もするけどね。

西武の補強という視点から見て、残った選手で注目したいのはDeNA・どすこい山口投手とソフトバンク・森福投手である。投手は毎年の補強ポイントだし、さらに今年は岸が抜ける可能性が濃厚である。FAの時期は静観していることが多い西武だが、今年は積極参戦してもいいんじゃないかなとは思う。日ハム・陽岱鋼外野手もライトがいまいち固定できていないのでアリかと思ったけれど、今年は金子侑司が盗塁王を取って躍進したので獲得に乗り出すことは無さそう。理想としては栗山・秋山・陽岱鋼とかいう鬼畜外野陣を構築して、浅村・金子の二遊間がおもしろいのだが現実的ではない。その点で結局は投手に絞った補強だけになりそうである。

正直なところ、話題性としては巨人・大田のトレードに完全に持っていかれた感があるけど。あれぐらいの衝撃の移籍がもっと来てほしい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)