E7「ドーバー海峡沖海戦」難易度甲 ギミック解除編

噂によればこの海域は史上最強に難しいとのこと。だからといってどうすることもできないので、持ちうる力をぶつけるしかない。

この記事ではまずギミック解除について取り上げていこうと思う。本来ならギミック解除といえば「ついで」のようなものなのだが、この海域に限っては気を抜けない仕様となっている。

ギミック解除

「ルート追加ギミック」と「攻撃力増加ギミック」の2種類がある。

ルート追加ギミックの条件は「H、J、KマスでS勝利を各1回、P、RマスにてA勝利以上を各1回」というもの。HJKマスについては対潜装備が必須。PRマスについては条件がA勝利と優しいので基地航空隊を派遣しておけば問題ない。

攻撃力増加ギミックは「ルート追加ギミック達成後に、あらためてP、RマスでA勝利以上を各1回取る」のが条件。ルート追加のときと同じ方法で行けるはず。

基本編成

S勝利が条件のHJKマスは潜水艦がいるので第二艦隊は全員を先制対潜とした。第一艦隊は当初は戦艦二隻だったけど道中戦闘が増えたので一隻に落ち着いた。とりあえず基本となるのがこの編成で、行きたいマスによって低速艦を追加したり陸上型対策をしたりといった感じだった。

道中支援は必須と感じた。またHマス攻略時にはPマスへ、JKマス攻略時にはRマス基地航空隊を派遣しておく。大破艦が出ずに攻略できたら進撃してついでにPRマスのA勝利も狙うという感じである。

結果

HJKマスは微妙に差異はあるものの、だいたいこんな感じの編成。潜水新棲姫の耐久が高いが連合艦隊であれば夜戦でもダメージが通るので意外と行けた。

Pマスは陸上型・補給艦・潜水艦・PT子鬼群を詰め込むという嫌がらせに特化した編成。A勝利じゃなかったら発狂していたところ。

Rマスは打って変わって平和な編成。基地航空隊を出しておけば簡単である。

各マスを単体で見ると条件を満たすのはそれほど難しくはないのだが、最終海域だけあって道中は猛者がはびこっているし、また目的のマスによって微妙に編成を変えなければならないので面倒極まりない。両方のギミックを解除するのに三時間ほどかかってしまった。

ともあれこれにて最短ルートでボスへ行けるし攻撃力も増加している。準備は整った。

 

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)