フランスパン

無性にフランスパンが食べたくなった。なぜかと言うと、そこにパンとして本来あるべき姿を唐突に見出したからである。なにかで読んだが、モチモチのパンが喜ばれるのは日本ぐらいらしい。つまり名前こそ「パン」ではあるものの、本家からしたら「パンに似た何か」なのだろう。フランスパンほどでは無いにしても、日本以外では硬さはパンの必須要素なのである。実際には日本のような柔らかいパンを好む国だってあるだろうし、憶測にすぎない部分もある。ただそんな考えを巡らしていたら、実物を食べたくなってしまったわけだ。

ただ実際に食べてみるに、やはりフランスパンのような表皮の硬いパンこそが本来の姿に思えてならない。あの香ばしさが異国情緒があるし、ほんのりある塩味も良い。見た目にも美しい。木製のカゴに切ったのを入れて食卓に置いておけばそれだけで様になる。ワインとグラスでもあったなら、それだけで絵画のモチーフになりそうである。べつに日本のパンを蔑ろにしたいわけではないが、フランスパンには計り知れない魅力があるように思う。

 

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)