Amazonの糞レビューにビンタしたい

Amazonのカスタマーレビューはそれなりに参考にさせてもらうが、時にとんでもないレビューもあったりで呆れることがある。

まず非常に多いのは「発送が速い」「商品の状態が綺麗」という類である。レビューというものを完全に勘違いしているタイプだ。そこに書くべきは届いた商品を使用なり鑑賞なりした感想なのであり、梱包や配送について書くことは何の意味も持たない。そもそも配送や梱包について意見がある場合、それ専用の場所が用意されている。マーケットプレイスで買った場合でも「出品者の評価を投稿する」という方法があるのだから、そっちでやれ。そのあたりを理解していない輩に商品の正当な評価が歪められていると思うと殺意を覚えてくる。

逆もある。大絶賛しているのにも関わらず、付けているのは星1個だったりと、言行が一致していない場合である。まさか星1個を一等星か何かと勘違いしているのだろうか。そうでは無いにしても、レビューをしようとするなら星が持つ意味合いぐらいは理解してから投稿しようと思うのが当然ではないだろうか。詰めが甘い。

なぜこのような記事を書き始めたのかと言うと、さきほど「残念!もう持っていた商品だったので、☆三つ!」という驚愕という二文字では表現できないほどに常軌を逸したレビューを目撃したからである。Amazonの社員に殴られろ。

5


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)