2018年冬アニメ 総括

まず最初に、今季は見たいアニメが多かったにもかかわらず、諸々が忙しくてすべてを最後まで消化しきることができていない。そんな分際でこんな記事を書くのも相応しくないと思ったのだが、一方で「そういったなかで最後まで視聴したアニメこそ真に面白いと言えるのかも知れない」とも考えたというわけで、結局はまとめていきます。

視聴を断念したアニメ

できれば視聴したかったが断念したアニメを紹介。

ミイラの飼い方

登場人物の茂木朝という女の子が喋り方や性格などすべての面でべらぼうにかわいかったので、彼女を目的に視聴していた。また声優が真中らぁら役の茜屋日海夏さんというのが何よりの理由かもしれない。一方でストーリーは飛ばし飛ばしで見たぐらいだった。

宇宙よりも遠い場所

一話から引き込まれたし、最後まで見ても面白いアニメなのだろうと思う。ただそういった確信があるだけに気軽な気持ちで見ることができず、タイミングを逃したまま今に至ってしまった。

スロウスタート

こちらも面白いのだと思うが、上記とは反対に緩すぎて視聴する気にならなかったパターン。じゃあどういったアニメならいいのか、と言われそうだが、自分にもわからない。

魔法使いの嫁

前期から継続のアニメなのだが完全にダレた。こういった硬派よりの作品は原作で見たほうがテンポよく進められて良いのかもしれない。

からかい上手の高木さん

原作を知っているだけに間延びしているのが気になり、上記と同様にダレてしまった。

だがしかし2

二期でショートアニメになったことでより原作の良さを引き出せていたが、ニコニコでの配信が生放送のみだからという個人的すぎる理由により視聴しなくなっていた。厳しい言い方をすればその手間を惜しまずに見たいアニメでもなかったということだろうか。

2018年冬アニメ 私的格付け

本番である格付けに入ります。今季最後まで視聴したアニメは三作品でした。

3位 ゆるキャン△

キャラクターの完成度・キャンプ知識の丁寧さ・自然の描き方などすべてにおいて素晴らしいアニメだった。ただし、タイトル通りに「緩く」視聴できるのも良いところだとは思うのだが、それと同時に展開に抑揚がなく刺激に乏しいところがあった気はする。

2位 斉木楠雄のΨ難(第2期)

まだ最終回を迎えていないし、それ以前にもしかすると2クール構成なのかもしれないが、それを抜きにしても自信を持ってこの順位としたい。基本的には原作を知っている作品は厳しくするようにしているのだが、このアニメは原作に劣らぬほど面白くなっている稀有な例だと思う。

原作が4コマ漫画形式に変わったのは少し残念ではあるが、それだけギャグ漫画の連載というのは大変なのだろう。これからも楽しみにしたい。

1位 三ツ星カラーズ

女の子三人組が街を守るために活動する、と聞くとほのぼのしていそうだが、子供特有の無垢さ故の残酷さがシュールギャグとして昇華されており単純に笑える良いアニメであった。そういった点では『苺ましまろ』や『よつばと!』と雰囲気的には近いかもしれない。また主人公たちの奔放な行動に対してたしなめるわけでもなく快く付き合っている大人たちの姿も温かみがあって良かった。

おわりに

ここで取り上げていないアニメは最初から見ていない、もしくは途中で自信を持って切った作品なので悪しからず。いろいろと話題になった『ポプテピピック』については四話ぐらいまでは視聴していた記憶があるが明らかにワンパターンの右肩下がりだったので気づけば視聴しなくなっていた。そこまでありがたがるほどのアニメでも無いだろう。

今季はひさしぶりに大量のアニメ一話を視聴したのだが、いま思えばそれによって風呂敷を広げすぎたばかりに息切れしたという部分もあるのかなと思った。来季はまた慎ましくアニメとふれあいたいと思います。

2


1件のコメント

  1. 最近zooのアニメ総括の文章面白い。
    あっさりしてるのに要旨は簡潔に伝えててすごいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)