2016年秋アニメ 総括

番組が入れ替わる時期ということで、例によって今季視聴したアニメの総括をしていきたいと思います。ただやはりというか、完結まで視聴したアニメは少ないです。

アニメ別感想

奇異太郎少年の妖怪絵日記

作画・キャラクターともに良質であり、そして短編アニメであることで最後まで気楽に視聴できた。すずの可愛さが眼福であった。

原作はWebコミックであり無料で読めるそうなので、是非に読んでみたいと思う。ちょっとだけ読んでみたけど普通におもしろかった。

WWW.WORKING!!

安心と信頼の高津カリノ原作という感じである。コミック版のキャラに馴染んでいたので視聴当初は違和感が拭えるか不安だったが、各キャラの掛け合いのおもしろさによってそんなものは一瞬で吹き飛んだ。

ただ1クールということで展開が急だったのは否めない。ただそれは4期をかけてじっくりとキャラ同士の関係性を整理していった前作と比べると、という話であり、そこらへんのアニメと比較したら十分にまとまっていたようにも思う。つまりは2クールで見たかったということである。

総括

『信長の忍び』は2クールアニメということなので省いたが、半分が終わった今でも安定しておもしろい。それに関しては冬アニメの総括のときにしっかりと感想を書いていこうと思っている。また今季放送分の『プリパラ』についても先日の振り返り記事で触れたので、この記事では取り上げない。取り上げてもいいが、そこだけ文章量が増量するので自重するとしよう。

完遂したアニメが2つしか無かったのは自分でも驚いたが、それだけにこれらのアニメはふるいにかけられながらも生き残った歴戦の強者と考えることができる。自分にとって価値のあるアニメだったのだろう。来季もふるいにかけまくっていこうと思う。

 

 

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)