2016年春アニメ 大総括

もはや謎の恒例行事となっているアニメ大総括を行いたいと思います。こっちのブログでは初めてとなる。

  • 【アニメ総括概要】
  • 2016年4月~6月の期間に放送されたアニメが対象。放送時間帯は問わない。
  • 初回~最終回まで通して視聴したアニメの寸評、順位付けを行う。
  • 視聴を断念したアニメについては記事の序盤にて簡単に触れる。一話も見ていないアニメに関してはノータッチ。
  • 最後は今期のアニメ全体を総括しておしまい。

最後まで視聴したアニメは、今期は5作品となった。3つもあれば充分という中で、なかなかに多い数となった。ただ最後まで視聴したからといって、そのアニメが漏れ無くおもしろいということにはならない。

ではそれらのアニメを評価していく前に、まずは諸々の理由で視聴を途中で断念したアニメについて軽く触れていく。

視聴を断念したアニメ

断念したアニメは4作品ある。決して「つまらないから」というような理由では無いけれども、気がついたら見なくなっていた。

うさかめ

『てーきゅう』の流れで見ていたが、やはり前作が偉大すぎた。一挙放送とかがあれば見てみてい気はする。

少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん

ランキングで見かけたら視聴するぐらいだった。ゴマちゃんとペッペッペッ・ソーランアレマさんが可愛かった。ただ最後まで欠かさずみたいアニメでもない。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

一話の触りだけみて微妙だったので断念。通して見たらおもしろいかもしれないので、一挙放送があれば(以下略)。

ふらいんぐうぃっち

自分が好きそうなアニメなのだけれど、2話あたりで見なくなった。日常系もいいが、抑揚がなさ過ぎるのもダメなのだと思った。一挙放送が(以下略)。

(私的)今期のアニメランキング

それではメインである格付けに参る。前述の通り最終回まで視聴した5作品をランク付けしていくが、今回は諸事情のため4位からの紹介とさせていただく。

4位 ハイスクール・フリート

公式サイトより引用

阿澄佳奈出演のアニメということで視聴を始めた。しかし無駄にカッコいいOPや、大量の可愛くて個性的なキャラクターが意外にもハマった。艦これをやっているとよく聞く言葉も多く登場するので、それも視聴を継続する理由となったと思う。

ただ想像以上にストーリーが浅かったのと、あまり主人公が好きになれないという点が致命的だった。また終盤にかけて若干しりすぼみ感があったのは否めない。ただ最終回はなかなか良かった。

3位 宇宙パトロールルル子

Uchū_Patrol_Luluco_logo

笑いあり涙あり熱い展開ありカオスありで素晴らしいアニメでした。最終回に至る展開も綺麗。カートゥーンっぽい作画も好みだった。

あとミドリ・セイブザワールドちゃんが好きです。

2位 三者三様

Sansha_Sanyō_logo

途中から見始めたのでキャラの関係性がわからなくて混乱したが、それが理解できてからは一気にハマってしまった。さすが荒井チェリー、さすが動画工房。

こういうアニメはやはりキャラクター全員に魅力があるかが大切だと思う。その点では完璧なアニメでした。特に西山さんとお姉ちゃんが好きです。ところどころで顔を見せる狂気も素晴らしい。

1位  あんハピ♪

807584

こちらも途中から見始めたアニメだったのだけれど、実は当初はそれほど好きでは無かった。ただ回を追う毎にその魅力にハマっていき、最終回には最高潮となっていた。

『あんハピ♪』のアニメ化に際しては、自分も好んで視聴していた『ひだまりスケッチ』を原点回帰として参考としたらしい。そういった点も波長が合うと感じる要因のひとつだったのかもしれない。

最大の魅力はやはり主人公である「はなこ(花小泉 杏)」の存在に尽きる。不幸集団の中でも常に笑顔を絶やさない杏の存在はとても癒やされた。声も含めて非常に惹き込まれるキャラクターであると思う。

また『あんハピ♪』の意味が「ANNE HAPPY」ということを知った時には震えた(漫画版は「unhappy go lucky!」という意味になっているので、アニメ版限定)。不幸属性の杏がそれをものともせずに幸せな日常を送るというのは、このアニメの中心テーマなわけである。

OPの中毒性も忘れてはならない。ただEDも実は非常に良い。「飛ばせないOP・ED」なんていう表現があるけれど、このアニメはまさそれだった。動画を開いたら飛ばすということは決してしないアニメである。


そういうわけで、今期のNo1アニメは迷ったが『あんハピ♪』とした。このまま綺麗に終わってもいいが、そういうわけにもいかないので残しておいた最下位のアニメにも触れておかねばなるまい。

【論外】くまみこ

screenshot_598

面白かったのは3話まで。そこからはドン引きするぐらいに右肩下がりであり、そして大炎上を果たした問題の最終回で糞アニメの名を不動のものとした。

最終回に関しては以前に少し記事でも書いたように、「脚本家が視聴者の求めているものを何ひとつ理解できていない」という部分が致命的だったのだろう。アニメのオリジナルが問題なのではなく、それが作品の雰囲気を損なうことが問題なわけである。まともな感性の持ち主ならそのあたりも上手く立ちまわるだろうけれど、それすらもできないほど愚鈍だったのだろう。

今思えば最終回に至るまでに不安を感じる部分も随所にあったように思う。9話のアニオリも評判は悪かったし、よしおのキチガイじみた行動を不快に感じることも多かった。ただそれでも最終回にあそこまでの凋落が控えているとは夢にも思わなかったが。

あまりボロクソに言っても後味が悪いのでこのぐらいにしておこう。とにかく思うのは「もったいない」ということである。普通にやればそれなりに評価されるアニメになっただろうに、どうしてこうなった……。


以上、5作品の格付けでした。

大 総 括

『くまみこ』の件は残念ではあったが、ただそれ以外のアニメのひとつひとつが秀作揃いだったので非常に満足している。むしろ『くまみこ』の存在があったからこそ、それ以外のアニメの良さが引き立ったとも考えられるので、そういう意味では感謝すらしたいところである。

現状では来期アニメはそこまで注目しているアニメはない。ただ前期のアニメを振り返った時にも同じようなことを言っており、終わってみたらこれだけハマったアニメがあったわけだ。興味が向く時をゆるりと待とうと思う。

 

2


3件のコメント

  1. 「ふらいんぐうぃっち」、ぜひ、全話みてください!
    「キズナイーバー」ってアニメの最終回で、ルル子とノヴァ君がいるので、よかったら見てみてください!

  2. 上記の方も仰っていますが、個人的にも「ふらいんぐうぃっち」はオススメです。
    確かにほのぼの過ぎますが、背景がとにかく綺麗で、出てくる料理なども美味しそうでした。あと千夏ちゃんがかわいい。真琴もかわいい。女性陣みんなかわいい。

    ジョーカー・ゲームもなかなかおもしろいアニメでしたよ。
    一挙放送があればぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)