2016年夏アニメ 大総括的なナニか

初めに言うと、今回はまともに総括する気はありません。なぜなら今年の夏は『プリパラ』という女児向けアニメに、水平線の先まで続くような煌めきを見出してしまったからです。そういうわけなので、今季放送のアニメに関しては今までのように大仰な構成にするのではなく、羽毛で撫でるようにふんわりとした触りで行こうと思います。

総評

まず最初に『甘々と稲妻』というアニメを見たことを記憶している。ただ良いアニメだったとは思うのだが、自分が通して視聴すると浄化されて消えてしまいそうなので断念した。あまり得意なアニメではない。

実は『あまんちゅ!』も何話か忘れたが、冒頭あたりだけ見たことがある。ただBGMやら何やらが『ARIA』とかなり似通っていて(確か音楽監督が同じ人だった)、これまた死にたくなったので視聴を断念した。『ARIA』が見たくなった。

評価が高かった『この美術部には問題がある!』も、サムネのピンク髪(?)にホイホイ釣られて視聴した覚えがあるが、途中から見たのでキャラに移入できず継続視聴には至らなかった。別にこのアニメだけじゃないだろうけれども、途中から視聴すると色々と耐えられないアニメだと思う。

今季アニメで最も評価しているのは『斉木楠雄のΨ難』である。普通にギャグがおもしろい。おはスタ内で放送されているというのも二重におもしろい。主人公が超能力者というのは在り来りな設定だとは思うけども、それでここまで展開できるのは凄い。『男子高校生の日常』の作者だと思っていたら、全然べつの人だった。

『SHOW BY ROCK!! しょ~と!!』は一話で完結していた。あの尻だけ見ればもう何もいらない。

『NEW GAME!』はたぶん見たら普通にのめり込むようなアニメだったとは思うが、プリパラショックもあって見る気が起こらなかった。キャラが全員可愛くていいアニメだったと思います。変な声の友達が好きでした。ストックがあれば普通に二期も来るんじゃないかな。

では最後にこのシーズンに放送された『プリパラ』を勝手に振り返ってみたい。話数としては第103話~第115話にあたる。全体を抽象して見ると、そこまで話に進展があるわけでもなかったように思う。ただそれゆえに各キャラにスポットを当てる話が多く、プリパラらしい狂気を孕んだおもしろさを醸し出す回が多かった。その中で唯一大きく展開したのは新チーム・トリコロールだろう。幾度もの一進一退を繰り返して、満を持してのチーム結成、そこからの予想通りのレベルの高いライブはとにかく感動させられた。響の過去を考えると、あのチーム結成式は想像以上に大きな進展となるのではないかと思う。「Mon chouchou」はもちろん素晴らしい曲だが、それだけにあのチームの新曲がすでに楽しみになってしまっている。ドレッシングパフェやガァルマゲドンが誕生した時もそうだが、新チームが登場するのは話が縦横無尽に膨らむから良い。チーム同士の横の繋がりもおもしろいし、そのチーム単体を掘り下げてもいい。今後のストーリーの広がり方に期待せずにはいられない。今後の展開としては真中のんの新チーム・ノンシュガーが誕生するのが待ち遠しい。ちりちゃんも想像を超えておもしろそうなキャラに化けたし、もうひとりのペッパーはキャラは未だよくわかっていないがライオンに育てられたというだけでカオスの匂いがプンプンする。広げた大風呂敷を回収する段階になっているので、かなり楽しめそうである。

おわりに

そういうわけで明らかに特定のアニメの文量がおかしくなってしまったが、これにて総括は終わりにしたいと思う。来期はもう少し幅広くアニメを見るつもりだ。いくつか新アニメの一話を見たところ楽しめそうなアニメが多かったし、なにより趣向が偏るのも良くない。今回の総括はおかしなことになってしまったが、来期は広い視点からアニメを振り返りたいと思う。ただ『プリパラ』が続く限りは順位付けなどができないので、もしかすると殿堂入り扱いにして、それ以外のアニメの格付けを行うなどの措置を取るかもしれない。要検討である。

 

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)