天鳳自省録 その15

好調だと反省する気になるクソ野郎です。

チー効率

三筒:麻雀王国待ちだったところで、五筒:麻雀王国待ちに変更できるツモ九筒:麻雀王国。上家の二筒:麻雀王国切りを見て現状では少しだけ三筒:麻雀王国が良いと思ったのでツモ切った。

ただここで打二筒:麻雀王国としておくとチー七筒:麻雀王国五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国待ちに変更できるのでそちらのほうが良さそうに思う。一方で画像の牌姿だと喰い換えできる牌は無い。

特に無ければ場況に頼る

リャンカンの選択。

可能性と呼べないレベルの678三色を見て二筒:麻雀王国を切ってみたが、対面と下家が一筒:麻雀王国を切っているので三筒:麻雀王国の場況はそれなりに良く、また二筒:麻雀王国の縦引きも悪くない。期待薄すぎる三色に期待するよりは、それなりに期待できる場況に頼ったほうが得する場面が少しだけ多くなりそうな気はする。

中間の選択

受け入れ的にも期待値的にも打九萬:麻雀王国が最大。

ただここは打九索:麻雀王国が妙手である。この手の最大の問題点として役なしドラなしの八筒:麻雀王国待ちになる未来があるわけだが、九萬:麻雀王国を持っておくと三色の可能性が残りそのデメリットを解消できる。点数状況的にもここで狙いたいのは局消化か高打点で突き放すことだ。

裏目じゃない裏目

三索:麻雀王国引きで二面子できるため手の内に残したが、二索:麻雀王国を切った後の三索:麻雀王国引きでも三面張が残るので悪くない。またこの場面でどちらかの両面を固定することはタンヤオにもなりにくくなるため両面対子の形は崩さないに越したことはないだろう。

カンチャンの比較

カンチャン三種の比較。両面に変化する牌の数も同じだ。

ここで注目したいのは「打点の無い手」ということである。このまま進行してドラが一枚程度増えたところで嬉しくない。それならば赤受けよりもアガリやすさを考えて待ちが2・8のどちらかになるカンチャンを優先して残したい。残るは二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国のどちらかとなるが、上家の第一打一筒:麻雀王国を情報とするなら索子落としだろうか。六萬:麻雀王国でもいい気はする。

例えばこれで四萬:麻雀王国がドラであれば当然ながら優先順位は逆になるだろう。推定打点によって繊細な選択をしていきたいところだ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)