【麻雀】不調と好調の要因

調子が戻ってきたので備忘録的に書いておく。

  • 5ブロックを常に意識する
  • 辺張や嵌張を嫌いすぎない
  • 安全牌をかかえることに囚われない
  • 上手いぶった打ち回しをしない

ここ最近は変にこねくり回した打ち方が多かったように思う。単なる運の悪さもあったとは思うが、不調の主な原因は無意識的に打ち方が変化していたことのほうが大きいように思う。例えば字牌を抱えずに手を広げるべきところでそうしていないなどである。普通に打てば普通に完成する手を普通に扱えていなかった。

最近は過去の天鳳名人戦の牌譜を見ているのだが、これが自分の打ち方を修正するのに役立ったように思う。プロや天鳳位の人達の麻雀というと華やかでアクロバティックなイメージがあったが、実際に見るそれは非常にシンプルで、それでいて一打一打に必ず納得のいく意味が込められていた。トップレベルへ行くほど麻雀というゲームに真摯に向き合っているように感じた。

 

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)