麻雀本を買った part2

安くて評価も高かったので購入してみた。

created by Rinker
¥620 (2019/06/25 20:39:41時点 Amazon調べ-詳細)

思えば自分は麻雀の基本を一から勉強したことがあまりない。覚えたての頃からとりあえず打ちまくり、疑問が生じたときは調べてみるという地道なことを繰り返していた気がする。そのため「なんとなく感覚でわかっているレベル」の知識が多い。例えばノベタンやスジなどの概念は理解していても、そのような用語が存在するのを知ったのはかなり遅かったと思う。

そんなガバガバな部分を矯正してくれることを期待して本書を買うに至った。構成としては各章の最初に基本的な理論が解説され、その後に章の内容に則した何切る問題が掲載されている。

とりあえず文章は飛ばして何切る問題を30問ほど解いてみたのだが、意外と間違えることが多くて恥ずかしい。基本を疎かにしていた証拠なのだろう。間違った問題には付箋を貼ってあるので、後から読み直して完璧にしたいと思う。この本の解答を反射的に再現できるぐらいに落とし込みたいところだ。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)