麻雀本を再購入

麻雀を再開したのだが自分だけでは解決できない疑問も多々あるので、その参考とするべく麻雀本を購入した。両方とも以前に所有していた本なのだが、麻雀から離れるに伴ってすべて売ってしまった。他にも数多くの戦術本を持っていたが、なんだかんだでこの二冊が最も体系的かつ核心を突いていると思うので再度手にすることにした。

『おしえて! 科学する麻雀』は、『科学する麻雀』という新書本の内容を若干噛み砕いて再度まとめたもの。それまでの麻雀の戦術と言えば「場合による」「人による」というフワフワ感極まりないものが多かったわけだが、それを統計的手法によって確固たる理論に落とし込んだという革命的な一冊。その充実した内容も目を見張るが、個人的にはネット麻雀上位プレイヤーのリーチ率・副露率・放銃率などのデータがまとめてあるページが非常に参考になる。

『勝つための現代麻雀技術論』は麻雀戦術のサイトとしては超有名な「現代麻雀技術論」を一冊の本にまとめたもの。サイトの内容を抽出した内容となってはいるが、それでもこの本に書かれている内容は膨大かつ高度なものとなっている。そのため冒頭には「最初から順番に読もうとするとすぐに挫折します」という注意書きがあったりする。個人的には疑問点が生じた時の辞典としてこの本を使っている。求める情報が必ずあるからである。

とりあえず『おしえて! 科学する麻雀』をパラパラ読んでみたが、やはりこういった戦術本を読むと打ちたくなってしまうので遅々として進まない。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)