電子書籍に向いていない本

プライム会員だと無料で読める麻雀教則本があったのでダウンロードしてみた。ただ囲碁の本をKindleで読んだときにも思ったことだが、このようなイラストや図を多用するタイプの本は読みづらくて困る。スキャンしてそのまま掲載しているだけなのでハイライトもできないし、教則本で起こりがちな前後のページの行ったり来たりということもやりにくい。

やはり電子書籍は小説や漫画が向いている。ビジュアル的な情報量の多い本は読みづらいので、安いぐらいしかメリットが無いように思う。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)