酔いと小手返し

酒は人生において手放せないものだが、ネックなのは酔うと頭を使うほとんどの事が手につかなくなることである。そしてほとんどの娯楽は頭を使うわけなので、結局は何もしないままに眠ることを余儀なくされる。それが嫌だ。

それが嫌でできることを探した結果、小手返しに至った。小手返しとは大層な名前だが、やっていることは手の中で雀牌をクルクルさせているだけである。ただネット麻雀しかやったことのない自分にとっては牌さばきの初歩とも言えるこの技がどうにも楽しい。しかもド初心者だからやればやるほど成長を実感できるのがまた楽しい。

麻雀の小技は頭を使うわけでもないし、酔っているからといって影響はない。酒を飲んでしまったときは実際の牌を触る時間にしようと思う。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)