週末西武 8月号

ここまで好調だと書かないわけにはいかない。破竹の13連勝が途絶えたものの、そこから嫌な雰囲気にならずにソフトバンクに勝ち越すことができた。これで一時は10ゲーム差以上離されていた首位と5.5ゲーム差まで詰めた。射程圏内である。

好調の要員は下位打線。山川、金子、外崎の三人が特に良い。山川は覚醒して長打を量産しているし、金子はチャンスに強いし荒削りながら盗塁王となった足がある。外崎は小柄の俊足タイプと見せかけて謎のパンチ力があるので地味に活躍している。これだけ小粒ぞろいの奴らが上位打線の秋山、浅村、おかわりに繋いでくれるのだから得点するに決まっている。投手は相変わらず打線のおかげでまともに見える感じがするが、それでも中継ぎが炎上しまくっていたときに比べれば人並みになっている。

諦めかけていたが、また優勝という最高峰に至ることを期待してしまう。ここから間違って優勝しようものなら絵になるので夢を見させてほしい。

0