週末西武 其の二

六連戦は1勝4敗1引き分け。西武ファンとしてはクソにも劣る一週間だった。二位がかかった大事なオリックス戦は三連敗するし、しかもその後も引き分けを挟んで四連敗である。ようやっと今日は勝てたので連敗は止められたが、先週は浮かれていただけに落差が辛い。下位には勝つことができても、上位に勝てないのであれば意味がない。四月の終わりに現実をまざまざと見せつけられた気がする。

とにかく下位打線がひどすぎる。具体的には田代&木村のふたりがエグい。打率は田代が.089、木村が.133と、打席に立たれても何の期待も希望も持てない。さっさと二軍に落とせと言いたいところだが、そもそも二軍でも奮っている外野手がいないわけなので「使わざるを得ない」というのが実情なのだろう。せめて栗山が復帰してくれるだけでも見栄えが良くなるのだが、怪我から完治するのがいつなのかが明確ではないのが辛い。

やはり怪我人が戻ることが待望される。栗山は先ほども言ったとおりだが、加えて金子と森友哉も控えているわけなので、彼らが戻ってくれば悩みは一気に吹き飛ぶ。それが実現するのは夏頃だと予想されるので、どうにかそれまでは勝率五割を目指してほしい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)