腕時計を掃除してみた

親父から貰った腕時計を約10年間使い続けているのだが、ここ最近になってかなり汚れていることに気がついた。メーカーに分解清掃を頼もうかと思ったが、値段が高くつくし終わるまでに一ヶ月もかかるらしい。10年モノの腕時計にそこまでのコストをかける気にはなれない。そういうわけで調べつつ自分でやってみることにした。

まず用意するのは歯ブラシ・爪楊枝・綿棒の三点。というよりもほぼ歯ブラシオンリーで大概の汚れは落ちてしまった。細かすぎて届かないところに容易に入りこんでくれるし、汚れも簡単に落としてくれる。正直なところ歯に対してよりも扱いやすい。8割以上の汚れは歯ブラシで事足りた。

それ以外の頑固な汚れを爪楊枝や綿棒でこそぎ落としていくという感じである。これらの工程を終えることで想像以上に綺麗になってくれた。もちろん目に見えない汚れはあるのだろうが、とりあえず目に見える汚れだけでも落ちきったので満足である。欲を言えば表面の細かい傷もどうにかしたいのだが、こればかりはいよいよ大規模な作業が必要になりそうなので諦めることにしよう。今後はこまめにメンテナンスをして、もう10年は使えるようにしたい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)