肉まんに酢醤油をつけて食べてみた

場末のYoutuberのようなタイトルになってしまったが、コレしか言いようがないから仕方がない。九州地方(特に熊本県?)で肉まんを買うと、もれなく酢醤油が付いてくるという話は有名である。関東住まいだとあり得ない光景だ。以前にそれを聞いてから一度はやってみたいと思っていたので、夜食がてらに試してみることにした。

とりあえず感想としては「肉まんに酢醤油を付けた味」としか言えない。ミスター味っ子の評論のように「餡と酢醤油が渾然一体となって何とも言えない風味を(以下略)」的なことを言いたいところだけれど、特にそのような相乗的な旨味は感じなかった。中華まんと酢醤油の組み合わせということで餃子のような味になるコトを想像したが、そういうわけでもない。ただ決して不味いとは言っていないのはわかってほしい。肉まんは美味いし、酢醤油も美味い。ただその組み合わせが必要不可欠のようには思えないだけだ。ちなみに関西では辛子が付いてくるということでそちらも試したが、上記と同じである。

ただ考えれば付属の調味料なんてそんなモノなのかもしれない。牛丼に付いてくる紅しょうがとか、寿司に付いてくるガリとかもそうである。別に無いからと言って困るわけではないけれど、あると味覚の幅が広がって良い。そういうものなのだろう。

とりあえず肉まんに調味料を加えるという文化を知れてよかった。次に食べるならラー油とかマヨネーズとかを試してみたいな。

0


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)