納豆オムレツの死闘

自分は一時期オムレツづくりに心血を注いだことがある。そういうこともあり、これを読んでいるド素人よりは美しいオムレツを調理できると自負している。あれは単純に見えて実は難しく、家庭では油の量とか火加減とかを最適化するのがなかなかに大変なのである。しかも苦心して作った割にはそれほど美味しくない。個人的には目玉焼きやだし巻き卵のほうが好きだ。おそらくオムレツの真の魅力は内外の熟し方の差異を楽しむことにある気がする。もうひとつはオムレツの中身に何らかの具材を入れることによって異なったハーモニーを奏でることである。

そういうわけで納豆オムレツを作ってみたのだが、意味がわからなかった。それなりに固まってきたところで中央に納豆を配置してみたのだが、明らかに卵の量が少なくて包みきれる気がしない。なんとかフライパンの端に寄せてトントンクルクルさせてみるのだが、回転させる度に表面から納豆がこんにちはしている。そうこうしているうちにオムレツが完全に固まってしまい異形の産物ができあがってしまった。

ただやはり相性は抜群なようで、適度に固まった卵と納豆の味わいは良いものだった。あらかじめ納豆に濃い目の味付けをしておいたのだが、それがまろやかな卵の中でアクセントになっていて正解だった気がする。また夜に小腹が空いたときには挑戦してみたい。

5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)