糞マイクと神マイクと

今使っているヘッドセットもわりと年季が入ってきたので新しいものを買ってみたのだが、空前のクソマイクで衝撃を受けた。ハウリングはするし、そもそも「ブアアアアアアア」というノイズがうるさすぎる。現在のマイクもそれなりにノイズは流れるのだがまるで比べ物にならない。ノイズキャンセリング機能がついたマイクを選んだのだが、どの口が言ってやがるのか。やはり1,000円程度のマイクはいかん。

自分はSENNHEISERの「PC131」という製品をかれこれ6年以上は使っている。2年前ぐらいに一度別のマイクを買おうとも思ったのだが、気に入りすぎて結局は同じものをリピートで購入してしまった。

使っているとわからないものだが、自分が想像している以上にこれは良い製品なのかもしれない。丈夫だし、マイクの質も良い。自覚するとますます気に入ってしまいそうである。ただ値段を見てみると4,367円と、意外と高額でビビった。昔は機材関係にお金を惜しまない性格だったのかもしれない。なんだか1,000円のマイクを代わりにしようとした自分が恥ずかしい。

とりあえずしばらくはPC131を続けて利用し、仮に壊れたとしてもまた同じものを買おうかな。少なくともSENNHEISER製のヘッドセットを選びたい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)