筋トレ→ランニング

ランニング前に筋トレをすると代謝が上がるらしい。それを真に受けて腹筋・腕立て・スクワットをやってから走るようにしている。

実際に感じるメリットとしてはまず身体が暖まること。冬のランニングは外に出る決意をするまでが勝負なので、身体を暖めておくことでそのハードルが下がる。また筋トレ自体が準備運動になるので走るのが非常に快調になる。以前は走っている途中でどこかしらが痛くなってきたのだが、それが全く無くなった。

デメリットはトータルの時間がかかることである。筋トレに15~30分、ランニングで45~60分かかるので、すべてが終わる頃にはかなりの時間が経過しているのである。一日の中の貴重な時間をそんなに使ってしまってもいいのかという葛藤に悩まされる。

それさえ乗り越えれば良いことづくめなので、これからもできる限りは続けていきたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)