筆ペンボールペン

いろいろと買うついでに、なんとなく筆ペンを買ってみた。どういったものが優れているかはよくわからなかったので、Amazonで一番上にあった「ぺんてる」のヤツを選んだ。カートリッジ式なので、インクが無くなったら中身だけ交換すれば事足りる。

昔はなんとなく筆箱の中に入れていたが、蓋を開けてみれば利用の機会が特に無いという不遇の存在であった。今だって特に使う機会に迫られているわけではない。それなのになぜ買ったのかというと、もしかするとこれで当ブログのタイトルを手書きに直せるのではないかと目論んだからである。以前に言ったように、今のブログタイトルはネット上のサービスで適当に書いたものであり、可能であればしっかりと自分の手で書いたものにしたい。しかしわざわざ習字セットを用意して書くのも面倒くさい。そういった様々な感情うごめくところの折衷案として、筆ペンを買ってみたわけである。

筆ペンの使いごこちとしては、今どきの商品のレベルは非常に上がっていると感じた。昔つかっていた筆ペンは先が野良犬の毛みたいに硬かったが、これはとにかく柔らかい。小筆のような感触である。またインクも良い意味で墨汁のような水気を湛えている。昔のものは書いた字がどちらかと言えばマーカー寄りの感じだった。書道の心得がある人は、この筆ペンを使えばその経験をそのまま活かせるだろう。

とりあえず試し書きしてみました。やはり筆ペンだとどことなく雰囲気が出る。

image-47778

やはりきちんと紙に書いた字は、現在のタイトルのようにビコビコしなくて良い。今の方もそれなりに気に入ってはいるので先は未定だが、筆ペンタイトルも検討しようと思う。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)