空前の徳永ブーム

最近は徳永英明の曲をよく聞いてしまう。ドラクエのアニメのEDだった「夢を信じて」が元々好きだったのでYoutubeでPVを見ていたのだが、そうするとおすすめに「レイニーブルー」だとか「壊れかけのRadio」だとかの超有名曲が次々に現れるため、気がつけば徳永まみれのミュージックライフと化していた。そこからさらに進んで最近はAmazonプライムで彼のカバーアルバムまで聞く始末だ。なんとなくだがそれぞれに原曲へのリスペクトが感じられるので安心して聞くことができる。

あのハスキーボイスなのに透明感に富むという矛盾感のある歌声はどうなっているのだろうか。ただ歌詞はときどき意味がわからないときがある。「壊れかけのRadio」とかは漠然と聞くと郷愁感があるが、内容を理解しようとすると急にわからなくなってくる。

+1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)