福本漫画

漫画喫茶へ行ったので『アカギ』の鷲巣麻雀の決着を読むと同時に、ドラマ版を視聴している『天 天和通りの快男児』を読み返してみた。必然的に両作品の比較をしてしまったのだが、同じ作者が描いたとは思えないほどにの重みの違いを感じざるを得なかった。『天』全般と『アカギ』の序盤は展開の妙に感銘を受けずにはいられないほどの重厚さがあるのだが、それだけに鷲巣戦の終幕の様子には失望した。作風の移り変わりほど読者として残念なものはない。近年の漫画家は安易にネット上の評判を受け入れてしまう傾向が強いように思う。個人的には作者の書きたいものと、読者の読みたいものが偶発的に合致し調和が生まれるからこその感動だと思うので、読者に寄せてくるような薄っぺらさは論外である。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)