甘いモノ、つまみ、ウイスキー

「酒飲みは甘いモノが嫌い」と言われるが、幸いながら自分はそれに当てはまっていない。ケーキとかパフェとかのスウィーツは普通に好んで食べる。むしろ甘いモノで酒を飲もうと思えば飲めるような人間である。アンコがあまり好きではないが、それは酒を飲む前からなので関係はない。

そんなのは個人差があると言ってしまえばそうなのかもしれない。ただ自分がそのように酒飲みとしては異端である理由の仮説として、ウイスキーを好んでいることがあるのかもしれない。ウイスキーは甘いモノによく合う。そんな酒を愛飲しているから、甘みとアルコールの組み合わせにそれほど抵抗を持たなくなったのかもしれない。これが例えば日本酒大好き人間だったら、また話は違っていただろう。いや日本酒も好きなんだけどね。

自分がウイスキーを好きなのは、まず飲み方が幅広いというのが理由のひとつだが、それと同じぐらいどのような肴にも合うということがある。ワインのようにチーズと合わせて飲んでもいいし、またレーズンなどのドライフルーツと一緒に飲むのも一般的である。もちろん和食に合わせてもいい。そういった懐の広さに惚れているから、今日も自分はウイスキーを飲みます。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)