清宮の打球が好きだ

清宮のバットが放つホームランやヒットはあらかた見てきたが、個人的にはあの打球に惹かれる。似たような打球を放つ選手としては高橋由伸、李承燁、前田智徳などが挙げられる。具体的に説明するのは難しいのだが、感覚としてはバットにボールが乗っている時間が長く、スイングより後にボールが飛んでいくようなイメージの打球である。これは完全に自分の主観なので共有するのは難しい気がする。

それと対極にあるのが柳田悠岐、山川穂高、松井秀喜などの打球である。よく「ボールをしばき倒すバッティング」などと形容されるように、彼らのバッティングはそのスイングスピードやリストの強さでもって強引にホームランをかっさらうイメージが強い。つまり比較するなら前述のものが技術による打撃なら、こちらは力によるものと言えるかもしれない。

もちろんどちらも一流のスキルではあるのだが、個人的には前者のほうが見ていて美しさがあるので好みである。特に高橋由伸は自分が最も好きな打者なのだが、彼のホームラン集の動画などは今でも定期的に視聴してはその芸術性に感動を覚える。

清宮の打撃にはそういった上品さを感じる。将来的には三冠王を狙えるぐらいの成績を残してほしいところだ。首位打者だけとか本塁打王だけとかいう枠には収まらず、打撃の権化のような存在になってほしい。守備は知らん。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)