泡沫の石

ひさしぶりに囲碁(Igowin)をやってみたのだが、目に見えて実力が落ちていて愕然とした。以前は8級ぐらいまでなら問題なく勝てていたのに全く勝てない。さらに置き碁をしてもらっても勝てない。あっという間に15級まで落ちてしまった。なんというか、笑えるぐらいにどこに石を置けばいいのかがわからなくなっている。以前ならド初心者なりにも自分の中に定石が存在していたはずなのに、それが頭から抜け落ちてしまった。毎日数回の対局をこなしてしたときは同じことを繰り返しているだけで、そんなに実力の向上は見込めないと思っていたのだが、今思えばそれなりに意味のあることをやっていたのかもしれない。とりあえず場数を踏んでみて、不出来でも自分なりの理論を構築するというのはやはり大切である。

囲碁に関してはかなりモチベーションを失っているが、せっかく覚えたので無駄にしたくない気持ちもある。やはり問題としては特に必要に迫られているわけではないということが大きいだろう。ぬくぬく麻雀のような明確な動機がほしい。可能性としてはセイレンがゲーム化して、ぬくぬく囲碁が登場することを祈るぐらいだろうか。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)