桐須先生が可愛くて辛い

もともとピンク髪ということで注目していたのだが、それを差し引いても好みのキャラで個人的な大ヒットとなっている。常に瞳孔が開いているような顔も好きだし、二字熟語から始める喋り方も好きである。

ただ『ぼくたちは勉強ができない』は彼女が目当てで視聴しているのだが、登場シーンだけ抜粋して見ているのでストーリーがよくわからない。おそらく主人公が秀才で、成績の悪い女子を教育しているという内容らしいのだが、何故にそうなったのか、その先に何があるのかは知るよしもない。

自分としてはこのまま桐須先生を眺めるアニメとして終わりそうだ。個人的にはそれで一向にかまわない。後半になるにつれて登場シーンが増えてきていて楽しい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)