未完結は辛い

自分は未完結というものが苦手だ。夏目漱石の『明暗』という小説があるのだが未完結だから読む気にもなれない。手塚治虫の『火の鳥』も名作と名高く実際にそうだと思うが、同じく未完のため個人的には正当に評価しづらい。

『ベルセルク』は続きを楽しみにしている数少ない漫画だった。あの凄惨かつ膨大なスケールの物語をどうやってまとめるのかは非常に楽しみだったのだが、このようなことになってしまったのは仕方がないこととはいえ残念である。

こういうことにならないように漫画は連載が始まったら一気に最後まで書き上げてほしいと思うのは読者のわがままでしかないのだろうか。『バガボンド』や『ハンターハンター』も不安になってくる。

+1

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)