書くということの亡失

イベント後にはいつも「何を書いたらわからん病」にかかる。特にイベント終盤は記事を書き溜めまくったのをいいことに一週間ぐらい更新作業をしていなかったので、ここ数日は頭からブログのことが完全に抜け落ちていたなんてこともままある。だからそれをネタにするという逆転の発想に至った。ただ以前にも同じようなことを書いた気がしないでもない。

こういうときは以前の記事のタイトルだけでもいいので眺めてみるに限る。そうすると意外とどうでもいいことばかりが書いてあるので励まされる。こんな戯言を書くだけで一応はブログとしての体裁を保てることを思い出すのである。

3


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)