昨日のサッカーのあれやこれ

日本代表の試合についてアレコレ言われているようだが、得失点などの条件がある以上はああいう作戦を取る場合もあるのはむしろ当然ではないだろうか。攻めてほしいという意見も理解できないではないが、負けたら終わりの場面であるのに個人的な勝利の美学を押し付けるのは違和感を感じずにはいられない。どちらかといえばそういった展開が必然的に生まれる勝ち抜き条件に苦言を呈するべきだろう。

そもそもヒリヒリした試合展開が見たいのであれば、これから進む決勝トーナメントこそがまさにそういった場所なわけである。ここからが本番のようなものなのに、この段階でフルスロットルで批判している人間の熱量に引く。

4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)