鍼治療で思いだした本

巨人・澤村の件を見て『代替医療解剖』という本を思い出した。通常医療と比較しながら代替医療のメリット・デメリットを指摘している本なのだが、世間一般にある認識を覆す良書だったと記憶している。

そこで結論付けられているのは、鍼治療やカイロプラクティックといった代替医療にはプラシーボ効果以上の効果は期待できないということだ。ただプラシーボ効果で治る病気もあるので、それならそれで悪くないと思いがちである。しかし実際には通常医療によってでもプラシーボ効果は起こるので、治療において代替医療を受けるメリットはほとんど無いという結論だった。

もちろん代替医療が完全に悪者にされているわけでもない。代替医療の施術はコミュニケーションが重視されており、その点は通常医療でも大いに見習うべきところだ。また代替医療のなかで科学的根拠が見つかったものは通常医療の現場に輸入されるので、医学の発展においての貢献度は高いと言えるだろう。

この本は最後に「代替医療は悪ではない。しかし科学的根拠が無いことが明らかになったのに、あたかも効果があるように見せ続けている一部の代替医療が悪である」と結論づけている。個人的には今回の問題となっている鍼灸もその範疇にあると思えてならない。ただ例の件については単純な施術ミスなので話が少し違うかもしれない。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)