新紙幣と渋沢栄一

新紙幣のデザインを見たが旧一万円札のような昔ながらの情緒があって良いのではないだろうか。古銭のような味わいが出ていて個人的には好きである。

一万円札には渋沢栄一が肖像として採用されるらしい。彼の著書である『論語と算盤』は読んだことがあるし、また現埼玉県深谷市の出身ということで個人的には馴染みのある存在ではある。ただ正直に言えばお札の肖像になるほど偉大な人物とも思っていなかったので驚いている。認識を改めないといけない。そもそも具体的に何をしたのかもよく理解できていないので近いうちに彼の伝記でも読もうかと思っている。そういうのはミーハーみたいで嫌だけれども。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)