数字を克服せむ

ごりごりの文系を自負しているが、やはりいつまでも数学に苦手意識を持つのもよくないと思うは最近のこと。自主的に勉強するための参考書を買った。

created by Rinker
¥1,620 (2019/07/23 05:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

数ページ眺めてみて思ったのは、数学は単語の意味がいまいちわかりにくい。「次数」や「係数」という言葉が出てくるが、それがいまいち何を指すかわかりづらいのである。自分が数学嫌いになった一端はそういった部分にありそうだ。逆に指数方程式の例題などは懐かしさからか、それなりに晴れやかな気持ちで解くことができた。

本書は学生時代の薄っぺらい教科書よりは親切で、かといって冗長にもなっていないので好感が持てる。長らく愛用していきたいと思わせる一冊だ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)