思い出したモンステラ

出窓にあるモンステラの存在を完全に忘れていた。冬ということで断水気味にしているのでどちらにしろ問題はないのだが、枯れている葉もあったりしたので軽く手入れをすることに。

まず完全に枯れている葉については軽く持ったら簡単に取れてしまった。以前から部分的に枯れていたのでそれなりに長く持ったほうだとは思う。

残る二枚の葉の内、一枚も少し枯れはじめていた。こうなるともう緑には戻らないので嫌なのだが、春に向けて新しい葉を生やすために新陳代謝も必要である。冬の間は可愛そうだがこのまま耐え抜いてほしい。

ひさしぶりにまじまじと眺めてみると全体のアンバランスさが目立つので、また以前のように根本からバッサリ切ってしまおうか考えている。とはいえ切ったとしても真っ直ぐに伸びるかどうかはモンステラの気分次第なので判断が難しいところではある。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)