引退すぎうち

新井さんに続き、巨人の杉内俊哉投手も引退が決まった。彼の全盛期を実際に目の当たりにした機会は少ないのだが、その代わりにパワプロではかなりお世話になったことを思い出す。サウスポーから繰り出されるえぐいスライダーとチェンジアップはかなりの脅威であり、マイライフのホークス戦では杉内の登板日にだけは当たりたくないと思っていた。

次に200勝を達成するとしたら杉内だと思っていたので単純に残念だし、改めて200勝のハードルの高さを実感させられる。引退会見でも未練が残っているようだったし、晴れやかな表情で会見した新井さんと比較するとプロ野球の世界の厳しさを感じざるを得ない。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)