左利きの少なさについて

唐突になぜ左利きが少ないのかということを疑問に思った。冷静に考えれば謎ではないだろうか。人類のあらゆる特徴がそれなりに半々で別れているのに対して、右利きと左利きは明らかに差がある。実際に新生児で左利きなのは全体の約10%程度らしい。これはなぜだろうか。

Wkipediaに詳しいのだが、まずこれは後天的な理由ではないらしい。例えば社会が右利きを前提的にできているからという理由は挙げられやすいが、これは長い歴史でいろいろと変化する部分なので関係ないようだ。そして自分が疑問に思ったことにはありがちだが結局ははっきりとした理由は判明していないらしい。これだけ悠久の年月を経てもわからないことがあるのは素晴らしいことだが、できればブログのネタにするレベルの疑問ははっきりとさせたいところだ。

個人的には脳の半球説を推したい。簡単に言えば人間は言葉を使うから左脳の活動が活発化し、それに伴い右半身も発達するということらしい。他の霊長類には左右の偏りが見られないと言うし、また言語は人間の最大の武器であり進歩の象徴だと思うからである。ただこれについても元を辿れば後天的な理由なわけなのでロマンはない。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)