孤独のグルメ2巻を読んだ

孤独のグルメの2巻を読んだ。1巻に引き続き、ゴローがムカつくオッサンにアームロックをかけていて笑ってしまった。多分もうアームロックが癖みたいになっているのだろう。

ただ「ゴローってこんなキャラだったっけ?」と疑問に思う部分もあった。独り言が多いのは設定上しかたがないとは思うけど、ここまでベラベラ喋ってたっけ。あと明らかに狙い過ぎなギャグが増えた。ネットでカルト的な人気が出たことを受けて、作者が意識し過ぎているようにも感じた。

おもしろいんだけどね。なんだかんだで不定期連載を20年間も続けているわけだから、多少は作風や世界観が変化するのも仕方がないかもしれない。3巻は何年後になるかわからないけれど、楽しみに待とう。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)