天鳳自省録 その3

五段昇段間際で苦戦しております。

必要に応じて目一杯に

両面十分の一向聴で中膨れができる六萬:麻雀王国を持ってきた。ツモ切ってしまったのだが、一萬:麻雀王国が三枚切れのため残しておかなければいけない牌だ。五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国を先に引いたときに四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国待ちと入れ替えられるのは非常に大きい。一盃口の可能性も生まれる。

必要に応じて安牌を抱えるのは大切だが、今回は必要に応じて手を目一杯にしておく状況だ。

中途半端な押しをしない

対面が自風のドラポンをしている状況だが、自分も聴牌している。対面の現物待ちということで黙聴にしていたが、結局は自ら飛び込んでしまった。

まず押し引きとしては降りる場面だと思う。南場で30,000点を持っているのはラス回避的には非常に有利な状況なわけだが、ここで満貫を放銃してしまうとそれが一気にわからなくなってくる。聴牌だとしても危険牌を引いた時点で降りるべきだろう。逆に東場の親番ならトップ率を上げるために押していいかもしれない。

また現物待ちだとしてもさっさとリーチをかけたほうが良い。状況的には1,500点で満貫クラスに立ち向かっているわけなので見合っていない。これがリーチ後なら打点的にも見合いそうだし、放銃にも納得できる気がする。

この状況は「絶対にこう」という判断を下しづらいが、少なくとも最も中途半端な判断をしてしまったのは明らかだ。

親を助けない

上家のリーチ後に打った現物の四索:麻雀王国を親にチーされた。それだけで親が押していることはわかるのだから、その後に現物とはいえ安易に中張牌を打つべきではない。この局は上家と親の聴牌流局となり、次局で親満和了を許してしまった。

とりあえずは北:麻雀王国一索:麻雀王国あたりから落としていき、場合によっては二萬:麻雀王国八萬:麻雀王国を切っていくのが無難だろう。親に楽をさせない選択をしたい。

おわりに

本当はストックが一杯あったのだが、状況が思い出せないスクショが多々あり結果的にこれだけになってしまった。疑問が生じる状況が多すぎて、定期的に放出しないと間に合わない。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)