天鳳自省録 その2

天鳳でミスしたところを取り上げてウジウジする暗い記事です。

絶対に通る中張牌

上家のリーチに対して押している場面。自身が4枚目に持ってきた六索:麻雀王国で放銃するのを嫌って暗槓としたのだが、実は河を見てみるとリーチには絶対に当たらない。五索:麻雀王国が河に四枚見えであることから六索:麻雀王国が当たる両面待ちと嵌張待ちが完全否定できるし、残りは六索:麻雀王国九索:麻雀王国待ちの可能性だが九索:麻雀王国が先に切られているのでそれも否定できる。リーチ者以外についてもまず当たる牌ではなく、自信を持って通していい場面だった。

この局は結果的には満貫和了となったが、もっと上手く立ち回ることができたはずだ。「中張牌だからなんとなく危なそう」ではなく、より広い視野で効果的な打牌選択をしていきたいところだ。

両面4飜の聴牌で降りる場面

發:麻雀王国ドラ3の聴牌にラス目の親リーチが飛び込んできた場面。一発目に掴んだ五索赤:麻雀王国を強行したが、結果的には親倍24,000点の放銃となり死に至った。麻雀には「ラス目のリーチとは戦うな」という格言めいたものがあるが、まさにこういうことなのだろう。

『現代麻雀技術論』によると親リーチに対しても良形3飜以上なら押し有利となってはいるが、この場面ではいくつもの例外がある。まずドラ一発の存在である。ドラの放銃率は通常の牌より高くなる傾向があり、ましてやそれを親のリーチの一発目に切るのは押し有利の基準がひっくり返るぐらいの条件に思う。

さらに点棒状況的にもオリが懸命だろう。現状三位とはいえトップまで6000点以内であれば高打点聴牌とはいえ無理に攻める必要はあまりない。ましてや天鳳というゲーム性を加味すればより慎重になる必要があった。

基準を設けることも大切だが、それは一打ごとの場面で目まぐるしく変化していくことを理解しなければならないだろう。ASAPINの本にもそんなことが書いてあった気がする。

「ホンイツだろう」は馬鹿野郎

親の仕掛けに対して「はいはい染め手乙」と一索:麻雀王国を切ったらまんまと5,800点の放銃になった場面。

この段階でもう行き詰まっていたわけなので、ここは無難に索子の真ん中から上を切り出していけばよかった。より安全な牌があるのに中途半端に粘って放銃してしまうのは自分にはよくあるパターンである。もっと割り切る打ち方が必要に思う。あと決めつけ良くない。

読みに準ずる

僅差のオーラストップの場面で下家が逆転濃厚の仕掛けをしてきた場面。最速聴牌を目指すべく三索:麻雀王国を切ったが放銃。二位転落となった。

仕方がないとも言える場面だが、個人的にはこの三索:麻雀王国はかなりの危険牌と理解していただけに悔いが残ることになった。場況的に危なそうなのは萬子の真ん中・索子の下ぐらいだったわけだが、直前に自分が切った六萬:麻雀王国に無反応だったことからドラそばはかなりの確率で当たるとは思っていた。その読みがあるなら七索:麻雀王国を切って回り気味に聴牌を目指すのも有効だったように思う。

リーチしかない場面

オーラスで全員がほぼ原点という状態の三位。自分は前巡で和了ればトップ確定の七対子をテンパっており、そこに場況的にかなり良さげな九索:麻雀王国を引いてきた。

打点的には十分ということで黙聴としたが、ここは明らかにリーチをかけるべきだっただろう。他家の心理としては上家と下家はラス転落だけは避けたいので親のリーチに突っ込んでくることはまず無いだろうし、実質的にラスの対面との一騎打ちとなる。そしてその対面の現物がまさに当たり牌なのだから明らかに自分が優位に立てるのである。リーチ以外にはあり得ないと言っても過言ではないだろう。

他家心理を読んだ上でのリーチや鳴きも駆使しなければならないところだ。この半荘の結果はこの局の和了を逃した自分が西入後にラス転落して終わった。

おわりに

雑な判断が致命傷になったり、見えるはずの景色が見えていないということが目立つ。特に後者についてはこうして振り返れば明らかにミスだと自分で気づくことはできるのだから、それを対局の中で見極められるようにしたいところだ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)